So-net無料ブログ作成

自立のための儀式です。(事例3) [心理相談]

質問
   子どもは反抗期。どう対応すれば?

回答
   さあ来ましたね。反抗期!
おっしゃる通り、これは成長している証しなのです。
自立のための儀式です。
そういう意味で息子さんは極めて健康と言えるでしょう。
夫に話しても取り合ってくれないというのは大分問題があると思います。何しろ、両親からの自立なのですから。
今、息子さんは親子の存在をこれでもかと試しているのです。一番賑やかな時期ですね。
子育てに自信が持てなくなった。正面から息子さんと向き合っていない。こうなると息子さんの反抗もイライラが生じて益々大きくなるでしょう。
さあ、どっからでもかかってこい!喜怒哀楽を思う存分分かち合いましょう。
感情をあらわにしても良いのです。
恐がらず、恐れず、逃げず。
反抗したいだけ、させたいだけさせる。
葛藤が大きければ大きいほど、すっと自立するものです。
巣立ってしまったら、淋しくなりますよ。
お母さんは大きな大きな母艦です。息子さんは小さな小船で大海原にこぎ出そうとしているのです。
お母さんのゆとりと安定感が必要です。
自信をなくしてはいけません。ちゃんと育ててきたからこそ、ちゃんと反抗するのです。
逃げないことです。
このことは父親にも伝えてください。
おどおどしてはいけません。
しっかり待つ。見守る。そして、邪魔をしない。
今、息子さんは一人前の男になるためにもがいているのです。
嵐の後には、素晴らしい青空が広がります。
その日は、必ず来ます。
大きな心で、息子さんの自立の儀式を見守りましょう。
大きな愛情で!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。